• 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »03
誓いの言葉
2017年03月13日 (月) | 編集 |
来年度4月からは、毎年挫折に挫折を重ねております
『NHKラジオ講座』
を 少なくとも半年・・・・いや、3か月・・・

いや、頑張って「できるだけ」継続して学ぶことをここにお誓いします!!


え?


いや、な~んとなく誓ってみたかった・・・だけです。


どの講座にしよっかなぁ~~~


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

『古典力』を武器にしたいアラフィ女子でございます。
2017年03月13日 (月) | 編集 |
『古典』的作品、大好き

光文社の「古典新訳新書」は大好きで、twitterでもフォロワーになってます

な~んてエラッそうに言ってますが、読みかけのものが多く、それほど語れる身分でもありません。

古典力 (岩波新書)
古典力 (岩波新書)
posted with amazlet at 17.03.13
齋藤 孝
岩波書店
売り上げランキング: 226,811

こちらの斎藤先生の『古典力』
どうして古典は大切なのか。
をこの本を読んでいて、『古典』が好きでよかった~と嬉しくなるのです。
(わたしが好きな『古典』とは名著を読む!という方であって、
 決して、古典文法など勉強的なことではありませんので)
「古典を読むのには、コツがある。」と書かれており、
「古典の素養がある」というのは「教養がある」ための必須条件でもある・・・と
また、
必ずしもすごく詳しくなくてもいい。「ある程度知っている」ことが、古典力としては大切なのだ。」と

ありがたい本です。
『カラマーゾフの兄弟』も挫折しておりますが、

「これぞ最高峰の総合小説。これをよまずして文学を、いや人間を語るなかれ。」

と、第三章マイ古典にしたい名著五十選 の筆頭に紹介しておられる作品です。
この50作品は「知らないと恥ずかしいと思われる」本を選んだ。
とも書かれており、著者と作品名は知っていても・・・・
内容を簡潔に説明せよ!!
と言われると、口が貝になってしまう・・・ハズッ
読みたいなぁと思った本の紹介ページに付せんを貼っていくと
ほとんど全部になってしまった。
とりあえず、目の前の積読本の山の中から、

「ほらほら、そうでしょ?早く『私』を読んでちょうだい!」
と訴えるような目・・・いや、背表紙をチラつかせている

嵐が丘〈上〉 (光文社古典新訳文庫)
E・ブロンテ
光文社
売り上げランキング: 176,556

から、読みたいと思います。
(カラマーゾフくんもかなりの眼力で私をにらんでますが・・・・)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村





「合格しました!」の声で、それまでのこと・・・全て忘れますね
2017年02月11日 (土) | 編集 |
私立大学の発表を続々と迎える中、
いまのところは全員合格の連絡をいただいている。

滑り止めでしか受けてない子もいれば、
国公立を諦めて、私立大一本にしている子も

とりわけ心配だったTくんも、なんとか地元の薬科に合格した!
6年で1200万??
親としては「どってことない」って感じで、
毎晩毎晩スマホゲームに明け暮れて
怒っても怒っても勉強せんかったヤツが
高3の夏あたりでやっと?危機感?・・・・遅くない?
でも、親は違うのよね。
うちの英語塾に加えて、数学塾も個人塾に行ってたのを
大手の個別指導の講師を選べます!のとこに申し込んで、
さらに「数学」を追加し、「化学」までお願いするんだから・・・
たぶん、ギリギリ合格だと思うけど、「合格は合格!」
えかったわ!

来週の発表があと少し残ってるけど、
25日の国公立前期試験に向けて、頑張るぞ~~

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


新しい学年を迎える時期となり、申し込みに来られる方もいる中
「うち、一馬力なので、・・・・・」
と月謝を値切ってるの?と耳を疑うようなお母さんもいる。
そういうのに弱い美月さんは・・・・困った・・・どうしよう・・・・と
話を聞けば、なんとかしてあげたいなぁ~という思いになってしまうのよね・・・

「ボランティアか!」とおとんの声が・・・・


『銭天堂』シリーズ 小学生たち気に入ってくれるかな
2017年02月05日 (日) | 編集 |
20年間高校生ONLYで教えておりましたが、
去年から小学生も来るようになり、
ほんと、小学生中学生のときの勉強が大切だ!と
つくづく思い始めている美月先生でございます。

「そんなもん、とーの昔に知ってとるわい!!」

と、お声が聞こえてまいりますが、
実際教えている者としては
やはり、声を大にして親に言いたい!!

そして、高校生たちよ
今まで好き勝手しといて、(・・・・今でもしてるけど)
何えらっそうなことばっかり言っとんじゃい???

○○大学???
ムリムリ!!
と、心の中で思いつつも、とりあえずは励ますあたし・・・・

もちろん、中にはいますよ!
コツコツよーがんばるねー感心するわ!
と、心から応援したくなる子も!

とにかく、

本読め!!

と言いたいね。
読書をしてこなかった子は、センターの最後の第六問あたりの英文が
続けて読めない。
もちろん、語彙力・文法力が無いとこれまた読めないけど、
文字のかたまりに(英語だけでなく日本語でも)、拒絶反応?を起こしている。

とりあえず、どの新書でもいいから、集中して10~15分黙って読む訓練をしろ!
って、言ってるんだけど・・・・するわけない。

高校生が今更、『青い鳥文庫』みたいなのを読むのも恥ずかしいのかもしれないけど、
ほんとに読めない子はそのあたりからでも 読んでみたら?って思う。

その点、小学生はいいよね。
『国語』『読書』などのキーワードを検索すると、いろんな方のブログ・Twitterを読めるので、
いろいろと情報をゲットしている。

英語を教えている美月先生だが、小学生との
『読書会』なんてのもいいかも?
と思案中だ。

ブログで見た好評の本を何冊かAmazonくんで買ってみた。
その1冊がこれ

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂
廣嶋 玲子
偕成社
売り上げランキング: 3,852


確かに、おもしろい。
2~3年生から読めるかもね。
ORT(Oxford Reading Tree)の横の棚に、
こういった本もドンドン並べていけたらなぁと思っている。
貸し出したくさんして、レビューなんてのも書かせて・・・・

英語塾で読書?

いやいや、ほんと大切なんですよ!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




優しい!Amazonくん!
2017年01月19日 (木) | 編集 |
『夏目漱石が生まれたのは1867年、没したのは1916年。
2016年は没後100年、2017年は生誕150年という年にあたります。』

ということで、
Which do you like better, cats or dogs?
と聞かれると、即答で

dogs!!

だけど、身の回りの小物はほとんど

cats!!

のあたしはずっと気になっていた本を買っちゃいました。
もち!Amazonくん経由で!!

吾輩も猫である

え?

なんでおんなじもんが2冊?

そうなんですよ。

買おうかな~~
やめとこっかな~~~

って、Amazonくんのカートに入れたり、外したりしてるうちに
いつの間にか・・・・冊数をカブって注文していたのだ・・・・

箱開けてビックリだよーー

でも、2冊あってもなぁ~~
と、送料を考えても・・・・仕方ない、返品しよ!と

そして、Amazonくんに返品処理をお願いしたところ

「商品は送り返す必要はありません。返金処理いたしました。」

だって!

えーーー
えーーーーー
えーーーーーーー

いいんですかぁ????


ほんと、ますます大好きAmazonくんです。


よし!読むぞ!!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村