• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Social Studies Connects シリーズ
2013年10月20日 (日) | 編集 |
ときに、洋書購入の参考にさせていただいてます。
     ↓
大人の英語多読入門
で、見つけた本です。

~ Social Studies Connects シリーズ

社会科の授業で学ぶ歴史や地理、政治・経済の知識と
実生活との関連性に気付かせようとする物語シリーズ


ということで、2冊買って読んでみました。

Real Heroes Don't Wear Capes (Social Studies Connects)
Laura Driscoll
Kane Pr (2007-09)
語数:1,732語 / YL:2.2 / オススメ度:(5.0)


The Bay School Blogger (Social Studies Connects)
Nan Walker
Kane Pr (2008-01)
語数:1,581語 / YL:2.2 / オススメ度:(4.0)


書評は「多読王国」の方に書いてますので、よかったらお読みくださいませ。
どちらも、YL2~2.5くらいで読みやすかったです。

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

あ!今日はたぬちゃんのお誕生日だ。
おめでとうございま~す。
スポンサーサイト

『Horrid Henry』気に入って、まとめ買い!
2013年03月08日 (金) | 編集 |
表紙のイラストになぜか引き付けられて、
購入しました。

Horrid Henry
Francesca Simon
Sourcebooks (2009-04)
語数:5,135語 / YL:2.5 / オススメ度:(4.0)


主人公のHenryは「Horrid Henry」で、弟は「Perfect Peter」
まあその形容詞の通りだけど、horridは英英辞書でみると
「very unplesant」
unplesantにveryが付くんだからよっぽど「ひどく不快」な男の子なんだろうね。
と、思いきや
自分の息子だったら困るけど、読みものの主人公としてはなかなか楽しいかも。です。

だって、3話目の(全部で4話構成)中に出てくるModdy Margaretちゃん。
隣りに住んでる女の子ですが、Henryの上をいってますよ!!

裏表紙に「Ages7~10」とありますが、字も大きくて
一文も短くて、すごく読みやすいでよ。
個人的な感覚ではYL.2くらいかな。と思いました。

すごく気に入っていろいろ調べてみると、
「Horrid Henry」はテレビ・映画・CDと
非常にたくさんリリースされている。

「そんなに人気者なの?」

と、ビックリですが、本の最初のページになにやら・・・ふむふむ

「Over 15 million copies sold in 27 countries and counting」

「Francesca Simon is the only American author to ever win
the Galaxy British Book Awards Children's Book of the Year
(past winners include J.K.Rowling, Philip Pullman, and Eoin」

だそうです。

もっと読みたくなったので、早速Amazonに追加注文しようと検索すると、
なんと、シリーズで20巻以上でているようだが、品数がそろっていない。
ペーパーバックで1冊450円くらい。
ん~ と唸っていると・・・

「わお!」
見つけちゃいました。



UKからの発送なので日数はかかりますが、
10冊で送料「250円」だもん!
安いよね。
しかも、10冊で1700円!!

めっちゃ、衝動買いですが、
生徒たちも絶対気に入るだろうと確信しております。

さて、期末テストも終わり、春休みに向かって
勉強合宿をしていく学校もあったりで、
慌ただしくなりそうですが、この時期こそ

「多読総語数UP!」

を目指して、生徒たちにいっぱい読んでもらおうと思ってます。

アベノミクスのおかげ?なのか、
Amazonの洋書価格が下がってきてます。
「ありがたや~!ありがたや~!
で、へそくりが底を着きそうですが、
ドッサドッサと買っております。

おとんにバレたら・・・・


よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村


『Curious George learns the Alphabet』絵本で学ぶアルファベットです。
2011年09月23日 (金) | 編集 |
今日はかづちゃんの文化祭だった
が、もちろん行ってませーん
だって・・・山の中だから車で行かなくちゃいけないところなんだけど、
絶対早く行かないとspace空いてないし
行ってもかづちゃんは相手にしてくれないだろうし
来年は高3だから絶対行くけんね。

基本!
あたしはデブ性・・・違いますよ!!
「出たがらず」の方です。
外に出るのが好きじゃないので、activeな方が羨ましい~ぃ
・・・ま、そこがまた「おとん」と合わないとこなんだけどね。



くらいぞー
夜はかづちゃんは打ち上げで焼肉をタンマリ
食べてきたみたい。
(帰ったら家中が焼肉くさかった!)

さて、本日読んだのがこちらです。

Curious George Learns the Alphabet (Curious George - Level 1)
H. A. Rey
Houghton Mifflin (Jp) (1973-11-30)
売り上げランキング:8180位
語数:2,138語
YL:2.0


『Curisou George』くんシリーズは多読王国でも大人気。
もちろん、世界中で愛されてますよね。
あたしもGerogeくんの茶目っ気溢れる行動にホレボレ~

今回は絵本でアルファベットをGeorgeくんと一緒に学べるという
子どもたちにとってはとても嬉しい1冊です。

アルファベットの大文字と小文字を使ってイラストを書き
その下にはその文字を使った単語で文章が書いてあります。
いやいや、よくもこれだけこじつけられる・・・
思いつくもんだと感心いたしました。

たとえば、『T』
大文字では、Table でTを使ってテーブルのイラストを。
小文字では、tomahawk でtを持ち手のところにして描いています。

また何個か覚えたらyellow hatのおじさんが休憩を入れてくれて
Georgeくんはおさらいをします。
なかでも、おじさんに「ドーナツを one dozen」買ってくるようにメモを渡され
それを Ten に書き換えて買ってきたときにはおじさんも
部屋中がドーナツだらけ。

いやいや今回も楽しませてくれたGeorgeくんでした。


よろしくお願いします。
   
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします。
   



『A Magic Crystal?』Marvinくんシリーズ最終巻。
2011年06月10日 (金) | 編集 |
あとこちら

A Magic Crystal? (A Stepping Stone Book(TM))
Louis Sachar
Random House Books for Young Readers (2000-09-26)
語数:8,576語 / YL:2.5 / オススメ度:(5.0)


大好きなMarvinシリーズも最終巻になってしまいました。
相変わらず 他人思いのMarvinくん。
小学3年生くらいって 男女関係なく言いたいことは言う!
だったと記憶しますが、「大人のMarvin」くんは『グッ』と堪えるのが

すごいぞ!Marvin!!

最後は彼女を立てて彼女の思うようにさせてやる。
すごいな~ と感心したのもつかのま
Marvinくん!
握っていたmagic crystalにすんごいお願いをしちゃいました。

ふ~ん、そういうことかい!!

Marvinの妹のLinzyちゃんがとてもかわいいのですが、
これは作者Scharさんの娘さんがモデルだったそうで
1巻から8巻まで通してLinzyちゃんが成長していったのが
まさに娘さんと共に!!だったのですね。
楽しい遊びや 流行っているセリフなども娘さんから教えてもらったとか。
こちらもMarvin一家同様 仲の良い父娘なんだなぁと思いました。

Marvinくんの何年後!といったまた新連載をぜひ期待したいです。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村



『Frannyちゃん』キャラがすてき!
2011年06月10日 (金) | 編集 |
昨日ブログをUPしたのにランキングのところに一日たっても反映されない。
なぜだろう・・・
ランキングも下がってくるとなんだか気になるなぁ~~

まっ!いっかー

で、昨日に引き続き最近読んだ本を紹介。
まず、こちら
Attack of the 50-Ft. Cupid (Franny K. Stein, Mad Scientist)
Jim Benton
Simon & Schuster Books for Young Readers (2004-12-28)
語数:4,091語 / YL:2.9 / オススメ度:(4.0)


Frannyちゃんシリーズも4冊パックを買ってこれが第2巻。
Frannyちゃんって一人で黙々と実験やっておかしなもの発明してるけど
友達や弟のこと・・・担任の先生もとっても大切にしているなぁと思った。
彼らが危ない状況になると 一目散に飛んでいって
あれこれと戦いながら救ってくれるとても頼りがいのなる女の子なのだ。

それと、挿絵が最高にかわい~いのも読みやすさの一つかな。
単語は結構「難」なものも多いけど、挿絵ですべてが推測される。
まさに、児童書さまさまだな。
多読をかぶりついたばかりのあたしなんかには大いに助かります。


冒頭であんなこと言いましたが
やっぱり気になるランキング。
よろしくおねがいしますぅ~
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。