• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『Naughtiest Girl in the School』#1
2011年11月20日 (日) | 編集 |
The Naughtiest Girl in the School (Enid Blyton's the Naughtiest Girl)
Enid Blyton
Hodder Children's Books (2007-05-17)
売り上げランキング:107978位
語数:41,000語
YL:4.2


レモンさんのお薦めの本で、
もう10巻ぐらいは出ているシリーズもので、
表紙の生意気そうな顔に惹かれて買ってみました。
最初の30ページあたりまではダラダラと読んでましたが、
段々このElizabethちゃんの暴言やら行動にハマってしまい
ついつい時間がないのに「もう1ページ!」と読んでしまうおもしろさでした。

ワガママいっぱいのElizabethちゃんに手を焼いていたおかぁさんは
彼女を全寮制の学校に入れることにした。ところから始まります。
「学校で悪いことばかりしたら追い出されて家に帰れるだろう」
と考えたElizabethちゃんは とにかく反抗的なことばかりします。
ところが、この学校は普通の学校とは少し違うところが。
『Meeting』という生徒たちだけの集会のようなものがあり
二人の会長を筆頭に陪審員のような生徒が数名が壇上に上がって全校生徒が出席する。
普段は「monitor」に選ばれた生徒たちが自分の担当の生徒の行動をチェックし
問題ある行動を取ったものをこの「meeting」で報告し罰を与えるかどうか決めていく。
もちろん、入学してから最初のmeetingでElizabethちゃんは議論の的に。

反抗して嫌われていた彼女も 大好きな音楽を通し、
また心の広い上級生や先生たちに見守られながら
大切な親友もできて、徐々に気持ちが変わっていく。
元々、頭がよくて心の優しいElizabethちゃん。
最後の30ページは涙・涙で読み終わりました。

要所要所に「教訓」のようなものもちりばめられていて、
心にしみじみとくる場面も多々ありました。
YL4くらいで、複雑な描写もないので
内容も掴みやすく読みやすいと思います。
あたし的には、ElizabethちゃんとRichardが今後いい感じになるのでは?
と第2巻が早くも気になってます。

今年のお薦めの1冊で~す。

スポンサーサイト

祝!!「多読50万語突破!」
2011年06月01日 (水) | 編集 |
多読166日目で
やっと『多読50万語突破!』いたしました。
多読王国に登録させていただいているお陰で
いつでも記録を見ることができ
周りのみなさんが(王国のみなさん)がドンドン読んでいかれるので
あたしも一緒に頑張って読み進めることができました。

ほんとこのサイトを作ってくださったRan様には感謝!感謝です。
多読王国に出会っていなければ 
多読のすばらしさはわかっていても
「忙しい!」「時間がない!」と言って
真剣に取り組んではいなかったと思います。

大してYLも高い本など読んでいませんが
以前よりもはるかに読む速さがUPしたと思います。
生徒たちにも薦めたいのですが
まだまだ洋書のStockが足らないのと
やっぱ根幹となる「ORT」をぜひ揃えたいと思います。

本日50万語を突破した作品は
Sideways Stories from Wayside School
Louis Sachar
HarperCollins (1998-06-01)
売り上げランキング:1201位
語数:20,126語 / YL:4.0 / オススメ度:(3.0)


私の多読を支えてくださっているお一人が
Louis Sacharさんだと思います。
なんと言っても『Marvin』くんシリーズが大のお気に入りです。
これからも彼の作品をドンドン読んでいきたいです。

今回の こちらの本も
とってもユニークでRan様によると
『サッカー自身が、学校の先生をしていたころに
子供に読ませる面白い本がないということでこの本を書いたみたいです』
とのこと。
30階建の30階のクラスにいる30人あまりの生徒たちを
一人ひとり個性豊かに描いていて
まぁ、めちゃくちゃな感じですが
とっても愉快です。
Louisさん自身も登場するところがまたまたいいんですよね。

年内に100万語突破するぞ~


多読にすっかりハマッてしまい
授業をするよりも読んでいたい~ 
と思う今日この頃です。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村


大爆笑ですよ『Dragon Slayers’ Academy 1』
2011年05月29日 (日) | 編集 |
やっと読み終わりました。
The New Kid at School #1 (Dragon Slayers' Academy)
Kate McMullan
Grosset & Dunlap (2003-05-12)
売り上げランキング:19565位
語数:10,157語 / YL:4.2 / オススメ度:(3.0)

いや~ 結局はおもしろかったんだけどね。
う~ん、知らない単語が多すぎたなぁ。
大概はすっ飛ばして読むんだけど
ちょっと未知語が続きすぎると????
ってことで辞書を片手にチラチラッと・・・ね

主人公のWiglafくんは心優しくてとってもいい子。
Dragon slayerになるために学校に行くことに!
一緒に付いていくことになったブタのDaisyちゃんが
めちゃめちゃかわいい!
途中、魔法使いのおじいちゃんに出くわすんだけど
そのやりとりが爆笑!爆笑!の連続
しかもそのおじいちゃんがDaisyちゃんがしゃべれるように魔法をかけたものだから
これまた大うけ!
「Pig Latin」語って??? ウフフの読み解きです

それぞれの会話がおもしろくて
クスクス ゲラゲラしながら読みました。
4~5ページほどサラッと読んで大まかに掴んでは
わかりにくいところはもう一度丁寧に読み返して・・・なんてところも
笑いどころを逃してなるものかぁ!!って気分でしたね。

Gozilというドラゴンを退治しに行くのですが
だれも名乗り出るものがおらず、headmasterから
Ericと共に出陣命令をだされたWiglaf.
そして、そこに現れたのがDaisyちゃん。
ビックリして自分も付いていく言ったのだが
優しいWiglafくんは危険だからと言って残るように言い
自分にもしものことがあったら代わりに料理人のFrypotが世話してくれるよ
と・・・あたし的にはウルッときたのですが・・・
え?Daisyちゃん!!
「さよなら、Wiglaf」「Good luck」って???

つ・・・つめたー

とにかく!おもしろかった。
どうやら20巻までは出ているようで
この先も読みたいんだけど・・・

YL4.5くらい・・・
文法はまったく問題ないけど 単語がちょっとね。
でも、辞書をひきながらでも読んでいきたいおもしろいシリーズだと思います。


あれこれとシリーズものに手を出しすぎて
かたっぱしから内容を忘れつつある
相変わらずの浮気性のあたしです。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします
      


どうしようかと迷った『Dragon Slayers’ Academy 1』ですが・・・
2011年05月25日 (水) | 編集 |
Percyがあたしを待っている~
って言いながら・・・何を掴んどるんじゃい!

The New Kid at School #1 (Dragon Slayers' Academy)
Kate McMullan
Grosset & Dunlap (2003-05-12)
語数:10,157語 / YL:4.2 / オススメ度:(3.0)


いや~これ?
そうなんですよぉ~
夜な夜な『Percy』を1Chapづつ読む気はマンマンなんだけどね。
やっぱ、1冊読み終えぞ!っていう満足感も欲しいわけよ。
それで、『Magic Tree house』やら『Marvin』やら
いろいろと素通りしちゃって
昨夜あたしの目に止まった幸運なヤツが
これなんですよ。

数ヶ月前に買ってさっそく2~3ページ読んだところで
なんじゃこれ?
知らん単語多すぎじゃん!!
とthrow away~ぃ しちゃったのです。

だけどやっぱ気になって・・・気になって・・・
また手にとって1ページ読んで



いやいや これでは美月せんせいの名がすたる!!
ってことで
こうなったら一体どんくらいの単語を知らないのか書き出して
look into the dictionaryじゃい!!
とChapter.1を鉛筆片手に読み始めました。

総語数10000語でChapが9あるから
1Chapあたり1000語くらいかな
ほんで調べた単語が・・・23・・・1Chapだけで??

え~ 23語???

多すぎだよね?
だって、『Percy』が1Chapあたり4000語で
Dionysus  ディオニソス(酒と演劇と多産の神)
pseudonym  偽名
drool     よだれをたらす

とか合わせても 7~8語くらいかな。

だから、23語は多すぎでしょ!!

なんだけど、そのあとのChapter2・・3・・とすんごく読みやすくなったんだよね。
たとえば、
minstrel 吟遊詩人
主人公の家(hover ほったて小屋)に雪の降る寒い日に
泊めてほしいとやってくるんだけど、この人がまずpoint!
でも minstrelがわからないと
主人公にドラゴン退治の話やら 手を見て未来を読むとか
意味ふめ~ぇ~ って感じだったと思う

どうやら、最初のChapterを100%掴んじゃったので
そのあとがスルスルと入ってくるんですよ。

お~ こういう感触はお初だ~

ってことで、今夜には読了しそうな予感です。

・・・・ったく、浮気しすぎ! Percyくん泣いとるぞ!

と、すまんPercyと反省してるあたしに
お仕置きの をおねがします
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

こちらにもお仕置きを!!
   


素敵な洋書にまた出会った 4月22日の塾(お休み)
2011年04月23日 (土) | 編集 |
今日はかなり咳がひどくて
マスクしてても痛々しいほど・・・と、自分で言ってますが、
とりあえず、塾 お休みしてしまいましたぁ~
許してくれ~
これもあれも・・・あたしの生活サイクルの乱れからのこと。
ほんと申し訳ない。
反省しとります。

んで、ゴホゴホしながら・・・読んじゃったよ。


あ!これ最高
マツコ大好き!!
好きなだけ言ってるけど、ちょこちょこフォローもしてるんだよね。
その優しさがまたマツコのいいところ。
かづちゃんが塾でいない間に、ギャハギャハ笑ってしまった。

じゃなくて、こちら。
Because of Winn-Dixie
Kate DiCamillo
Candlewick (2009-02-10)
売り上げランキング:6005位
語数:22,331語 / YL:4.0 / オススメ度:(5.0)

う~ えかったぁ~~
さすが、ニューベリー賞受賞作品だけあるな。と思った。

おかぁさんが出て行って牧師のお父さんと暮らすOpal.
ある日、「Winn-Dixie」という近くのお店に買い物に行くと
店の中で犬が暴れていて、その飼い主と間違えられ店主に怒られる。
困惑するが、その犬が歯をむき出してにっこり笑う顔に惹かれて
そのまま連れて帰ることに。
そして、犬の名前はその店の名前にした。

不思議なパワーを持っているこの「Winn-Dixie」は
新しい町に来て友達もできず、孤独なOpalを
次々といろんな人と「繋いで」くれる。
そして、ひとりひとり自分と同じように悲しみをみんな背負っていることを知り
自らが中心になってみんなを「繋ごう」としていく。

おかあさんのことばかりいつも考えていたOpalが、
最後に空に向かってお母さんに語りかけるシーンは
思わず泣けてしまった。
大きくOpalが成長できたのも
孤独だったみんなが仲良くなれたのも
み~んな
「because of Winn-Dixie」
なのである。
最高のタイトルだと思いました。

200ページ近くあるけど、行間がゆったりとしていて
語彙レベルも文法レベルも中学英語並み。
まったく苦痛を感じず、読んでいけました。

すごくお薦めですね。
また、この著者のほかの作品もぜひ読んでみたいです。


いい本に出会えたなぁと
多読の喜びをかみしめつつ
マツコの毒舌にもまた絶賛し
「そうそう、今日はおとうちゃんの命日じゃん」
と しみじみとOpalのように父親が大好き
だったあたしに愛いっぱいの
    
をお願いしますぅぅぅ

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。