• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


御無沙汰してたら、いつの間にか表紙が・・・・
2015年05月07日 (木) | 編集 |
相変わらず、肩が痛い美月でございます。

最近、何をするにもだるくて・・だるくて・・・・
ボーっとしてしまう。
一日10分くらい歩かなきゃ!
とも思うんだけど・・・・できない。



GWも終わって、今日から1.2年生もおしり叩かなくちゃ
来週は中間テスト1週間前!
いそがしぃぞー

あ!岡大に半年ぶりの検診にも行かなくちゃ。

空洞・・・・広がってなきゃいいけどなぁ・・・・


久々に読みました『A to Z Mysteries』シリーズ

A to Z Mysteries: The Haunted Hotel (A Stepping Stone Book(TM))
Ron Roy
Random House Books for Young Readers (1999-06-15)
語数:8,287語 / YL:3.5 / オススメ度:(3.0)

私が持っているのとは表紙が変わったみたいです。
シリーズで買い足していたので、途中で変わると
ちょっぴり残念だなぁ。
これが、以前の表紙です。

A to Z[H]

内容は・・・
このシリーズは毎巻タイトルの文字の最初のスペルがアルファベットの
順になっているのが特徴で、今回私が読んだのは「H」
『Haunted Hotel』です。
シリーズ第1巻が『Absent Author』で、
その時の舞台になった Shangri-la Hotelが登場します。
このホテルに毎晩、幽霊が出る!とお客さんは怖がってしまい、
ついには存続の危機になってしまいます。
そこで、「A」のときに事件を解決した、このDink, Josh, Ruth Rose の三人が
オーナーに呼ばれ、その謎解きに取り掛かります。
今回のstoryはそれほど込っておらず、あさっりと解決したような気がします。
事件解決のご褒美がよかったです。(最後のオチも・・・・

AからZまでありますが、また半分もいってないですね。
まあ、気長に読んでいきまーす。

・・・・・って、また表紙変わったらどうすんのよ!!!

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

『Empty Envelope』 A to Z Mysteries
2012年05月23日 (水) | 編集 |
昨日、読みました。


このシリーズは今回『E』だから5冊目だね。
多読王国のみならず、大人気のシリーズですよね。
あたしもMagic Tree Houseや Secrets of Droonと共に大好きです。

今回は、Dinkの元に意味不明な手紙が届き それの謎を解くお話。
封筒の住所には

『D.Duncan  Green Lawn,CO.』

と書いてある。
Dink Duncan はConnecticut州のGreen Lawn
に住んでいる。
そこで、Dinkが気づいた。
「Isn't CO the abbreviation for Colorado?」
すると、Joshが
「Connecticut is CT, not CO」
しかも、差出人のO.Birdという人物も住所記載のN.Yには住んでいないことがわかった。
Ruth Roseと三人でさっそく5通の封筒の謎解きを始める。
お見事!
と言わんばかりに謎を解いた3人だが、
犯人を警察に突き出すには証拠が必要。
話の後半はどうやって裏づけをしていくか、悩みに悩む仲良しトリオ。
犯人たちに追いかけられたりハプニングも多々ありましたが
最後は一件落着。

スピード感があって一気に読めると思いますよ。
お薦めで~す。

不規則更新ですが、励みになりますので
よろしくお願いしま~す。
   
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村



『A to Z Super Edition #1』
2011年08月07日 (日) | 編集 |
(8.07続き)

先日読み終わった


A to Zシリーズはミステリー好きの私としては
子ども3人が主人公ではあるが
なかなかおもしろいのでは?とお薦めである。
これはAからZまでの26冊のメインシリーズではなく
「Super Edition」版の第1巻。
総語数も1万語を越えるので結構ボリュームがあります。

主人公のDick,Josh,Ruthの仲良し3人が
サマーキャンプに参加するとこから始まる。
Detective Campというだけあって
イベントはわくわくするものばかり。
そんな中、3人は思わぬ犯罪のにおいを察知してしまう。
好奇心いっぱいの3人はあれやこれやと話し合っては
持ち前の行動力を発揮し解決へと導いていく。

いつものように 数ページおきの挿絵を見ては
自分の解釈を確認して読み進めているような感じです。


にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村



『A to Z mysterise』の『Canary Caper』
2011年06月18日 (土) | 編集 |
(6・18続き)
今朝読んだのが、


相変わらず、仲良し3人組の「ちびっ子探偵団」ですが、
正義感に溢れているのと、
たとえ、知らない人でも困っていたら自分ごとのように
一緒に事件を解決していこうとする姿が
いやいや、見習いたいなぁ~ と思う。

単なる「推理もの」だけで終わらないのが、
この児童書の良さで、大人でも十分楽しめるのが
多読していて嬉しいところですね。

『A to Z』シリーズの『C』ですよ。
「Z」にたどり着くのはいつのことやら~~

本日は、授業する予定の3年の女の子が急に休んだので、
授業はなくなりました~~

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。