• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケンブリッジのGRはお薦めです。
2012年02月07日 (火) | 編集 |
Cambridgeのグレイティッド・リーダーズ(略してGR)といえば、
『Cambridge English Readers(CER)』と『Cambridge Discovery Readers(CDR)』
がある。
どちらもStarterからLevel.6までの7ステージあり、
全てがオリジナルで、いろんなジャンルの話がある。

とくに、(CDR)はティーンズ・ヤングアダルト向けに書き下ろしているので
中高生には読みやすいのでは?と思う。
また、このCDRの中でもこちらの本は

去年、『a Language Learner Literature Award』を受賞した。
これはGRの中から候補をいくつか選び、最後に残った数冊を
学校の先生や生徒さんたちに読んでもらって投票(インターネットなどで)
された結果で優秀作品を決めるようである。
詳しくは こちらのサイト でごらんくださーい。

内容は、双子のKim(女の子)とAndy(男の子)が修学旅行で
ダブリンにやってきてから、偽札事件に巻き込まれていくお話。
Kimが偽札をお店で受け取ってしまったことから、犯人を自分で
見つけ出そうとする。ところが、なぜか自分たちの行動を犯人が気
づいている様子。そして、さらに大変な事件が起こっていく・・・

まさにハラハラドキドキで、中高生たちならすぐに「食いついて」きそうな
作品です。

「なんかもっとおもしろい話はないんかねぇ~」

とPGRやOBWをヒラヒラさせてはっと文句を言ってるかづちゃんには
ぜひ読ませてみたいです。

この(CDR)のいいところは音源がケンブリッジのサイトから
無料でダウンロードできることです。
あたしはまだ3冊しか買ってないのに、全ての本の音源をすでに
取り込んでいます。
昨日、覗いてみるとさらに新しく追加されているようで
あたしもいそいそと買い足していかなくちゃ!!と思ってます。


   
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします。
   


今日?? え? 忘れてないよね?
スポンサーサイト

『2011年多読財団 語学学習者文学賞』ってなんだぁ??? 『Gone!』Cambridge University Press Starterレベル
2011年09月21日 (水) | 編集 |
今日もいつものように、
「なんかいい本(洋書)ないかなぁ~」
とお気に入りの方々のブログを覗いたり、
洋書関連のサイトをあけたりしていると、

発見!!

なんでしょ?これは?

『2011年多読財団 語学学習者文学賞 文学作品』
というのを見つけた。(コスモピアのHPです)

「2011年の多読財団・ LLL Award(語学学習者文学賞)受賞作品が、9月4日、5日に京都で行われた世界多読大会にて発表された。

Cambridge University Pressは、2作品で受賞し、2作品が最終選考ノミネートと、合わせて4つの賞を受賞。Oxford University Pressが3作品受賞でこれに続く。Black CatとILTSは、2作品ずつ受賞。Pearson Longman、Penguin Readers、Helbling、そしてScholasticは、それぞれ1作品ずつ入賞した。

LLL Award は毎年、前年に世界中の出版社から出版されたノミネート作品の中から、多読財団が受賞作を選考するもの。5つのカテゴ リーで各3作品を最終選考に残し、まずそれを4月に発表する。次に教師や生徒がその最終選考ノミネート作品を読み、コメントを付けてオンラインで投票。寄せられた投票 とコメントを、世界各国の審査員が評価の参考にし、最終受賞作を決定するというもの。」

とあり、 私が先日購入したCambridgeの中高生用の新しいGRのシリーズが2点。
しかも、1点は金賞っぽい。
(詳しくは ELTBooks.com でご覧ください。)

そのあたしが購入したのはこちら

Gone! Level Starter/Beginner American English (Cambridge Discovery Readers)
Margaret Johnson
Cambridge University Press (2010-01-05)
売り上げランキング:158863位
語数:1,978語
YL:1.0


StarterからLevel6までの7段階に分けられており、
これはStarterです。
YL1.0なので挿絵もカラーでとても読みやすいです。

主人公のJamieくんは今日は12歳の誕生日。
なのに家族はみんな個々に忙しくだれも相手にしてくれない。
友達は公園でサッカーをして遊んでいるが、
Jamieくんはちょぴりサッカーは苦手。
一人で公園の中を歩いていると・・・
ベンチの下に小さな袋を発見。
中にはカメラが入っている。
思わず、カメラのPhotoボタンを押してその袋を撮ってみた。
それからDeleteボタンで画像を削除したら・・・・
え?袋が消えた???

それからカメラで写した後Deleteボタンを押すと
その被写体が全て消えてしまうことを発見したJamieくんは
とんでもないことを考え始める。

さてさて、最後の最後は・・・・え?どうなったの???
と気になる終わり方でした。

この新しいCambridgeシリーズは
なんといっても音声が無料でダウンロードできるってところが
いいですね。
CD付きはやっぱ高いですよ。
まだあまり数が揃っていないのですが
今回このような素晴らしい賞を取ったことだし
どんどん増えていくんじゃないかなぁ~~
楽しみです。

と、最近
「更年期かな?」
と思うほど体がダル~くて
もうすぐ始まる中間テスト週間が
乗り切れるか とっても不安な美月でごじゃります。

どうか、応援の
   
をお願いしやすぅ。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。