• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


洋書も同時に読め!
2015年08月24日 (月) | 編集 |
Cambridge のGRはすべてがオリジナルストーリ―になっている。

スリラー、推理、ロマンス、コメディ、SF,ミステリー、人間ドラマなど
多彩なジャンル、世界を舞台にし魅力的なストーリー、初球から上級
まで幅広いレベルに対応する全7レベル。

というのが、『売り』だそうだ。

確かに、中高生に人気のあるものも多く、英語を母語としない人向けに
書かれているだけあり、内容もハマりやすく練られている。

また、今回読んだこちらの1冊は、
『スパイMunro』シリーズとして展開している。
私が読んだのは新作(と言っても2013年発刊ですが)はLevel.1で、
このシリーズはほかに
Starter 『The Penang File』
Level.2 『The New Zealand File』
Level.3 『The Lahti File』
と、レベルを変えて書かれているので、主人公が共通する中で
難易があるものが読めるって、いろんな面で楽しめると思います。

これ以外でも、
『警部Logan』シリーズ
『探偵Marley』シリーズ
『女刑事Flick』シリーズ
『ジャーナリストKate』シリーズ
『Dr.Maxine』シリーズ
があります。

ぜーんぶ、読みたくなりますよ。

The Caribbean File Beginner/Elementary (Cambridge English Readers)
Cambridge University Press (2013-08-29)
語数:4,188語 / YL:1.4(1.4-1.4) / オススメ度:(3.0)


『二人の悪名高いテロリストとその美しい共犯者を追跡すべく
 カリブ海諸島へやってきたMunro。世界を支配する彼らの
 計画を見事阻止することができるか』(Cambridge Readersのカタログより)


二人のテロリストを追うように命じられた捜査官のMunro
そして、行った先がカリブ海のホテル
二人を見張っているとき、一人の美しい女性Salgadoと出会う。
ところが、彼女が次の朝突然Munroの元を離れ、その二人のテロリストと
一緒に空港に向かった。
追いかけるとそこには謎の少年も?彼の正体は?

2013年という新しい出版で、犯罪の内容も時代に合わせたものになっていますね。
細かい描写がすべてわかったのかな?と自分に問うてしまうほど
ドラマを見ているような早い展開で、Level.1のレベルだから自分もこのような
英文が書けるかな?書けたらいいなぁ~と・・・・いろんな意味で勉強になるGRです。


最近、洋書多読も進んでないなぁ・・・・
まさに、
『洋書も同時に読め!』ですね。

多読王国の順位が下がる一方ですよ。

もちろん!積読本を減らすまでは、買いませんよ!!!(いちお、心に誓ってます)

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

(2.07続き)Cambridge English Readers 『Help!』
2012年02月07日 (火) | 編集 |

あと、こちらの(CER)はもうみなさん読んでる方も多いのでは?
Help! Level 1 (Cambridge English Readers)
Cambridge University Press (1999-08-28)
語数:4,555語
YL:1.4

多読王国でもたくさん読まれているので、逆に「ヤバイ!」と思って
買って読みました。
内容は、売れない作家Frankはある日、未完成の作品を映画化したい
というオファーを受ける。そのためにコンピュータを買ったのだが
それが必要以上に彼を「help」してくれる。ついに、彼の方が・・・

と、こちらも面白くて一気に読みました。
知らない単語がないとまったくストレスなく読めるし、
なんと言っても 「英語を英語のまま読める!」というのが
一番だと思います。
この体験をぜひ早いうちから中高生にしてもらいたいな。
簡単な本を読むのは恥ずかしい!という抵抗があるでしょうが、
この「英語のまま読む」という感覚が身に付けば、これは大きな武器になる
とあたしは思います。

やりたいことがたくさんあるぞ~~!!
入院中にたっぷり時間があるでしょうから
計画を練り上げたいと思います。


応援のほどよろしくお願いします。
   
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

あ! 今日は何の日だ???


Cambridge English Readers Level.1の2冊
2011年05月18日 (水) | 編集 |
Cambridge Readers には2種類あります。
こちらは、昔ながらの Cambridge English Readers
Starter から Level.6までの7レベル構成
全てがオリジナルストーリーで、幅広い年代に対応しています。

以下は、Level.1で、中学校レベルの文法と単語で
語数は5000語近くあるのに、まったく疲れることなく読んでいけます。

多読王国でもとても人気のGR(Grated Reader)です。
(解説は、Cambridgeのカタログを参考にしてます。)


Blood Diamonds Level 1 (Cambridge English Readers)
Richard MacAndrew
Cambridge University Press (2005-06-30)
売り上げランキング:26724位

ロンドンのジャーナリストHarleyとAnnieは「ブラッドダイアモンド」と呼ばれる
武器を追っていた。ダイアモンドと取引されるという情報を聞きつけた二人は
ダイアモンド商人を罠にかけようと試みる。


Inspector Logan (Cambridge English Readers:Level1)
Richard MacAndrew
Cambridge University Press (2003-01-09)
売り上げランキング:5824位

Loganが検査官として初めての事件は殺人事件。妻が行方不明だと夫が
助けを求めてきたのだ。しかしその後、妻は遺体で発見される。
一体誰が彼女を? その動機は? 全4レベル(1~4)にわたって展開する。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。