• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『古典力』を武器にしたいアラフィ女子でございます。
2017年03月13日 (月) | 編集 |
『古典』的作品、大好き

光文社の「古典新訳新書」は大好きで、twitterでもフォロワーになってます

な~んてエラッそうに言ってますが、読みかけのものが多く、それほど語れる身分でもありません。

古典力 (岩波新書)
古典力 (岩波新書)
posted with amazlet at 17.03.13
齋藤 孝
岩波書店
売り上げランキング: 226,811

こちらの斎藤先生の『古典力』
どうして古典は大切なのか。
をこの本を読んでいて、『古典』が好きでよかった~と嬉しくなるのです。
(わたしが好きな『古典』とは名著を読む!という方であって、
 決して、古典文法など勉強的なことではありませんので)
「古典を読むのには、コツがある。」と書かれており、
「古典の素養がある」というのは「教養がある」ための必須条件でもある・・・と
また、
必ずしもすごく詳しくなくてもいい。「ある程度知っている」ことが、古典力としては大切なのだ。」と

ありがたい本です。
『カラマーゾフの兄弟』も挫折しておりますが、

「これぞ最高峰の総合小説。これをよまずして文学を、いや人間を語るなかれ。」

と、第三章マイ古典にしたい名著五十選 の筆頭に紹介しておられる作品です。
この50作品は「知らないと恥ずかしいと思われる」本を選んだ。
とも書かれており、著者と作品名は知っていても・・・・
内容を簡潔に説明せよ!!
と言われると、口が貝になってしまう・・・ハズッ
読みたいなぁと思った本の紹介ページに付せんを貼っていくと
ほとんど全部になってしまった。
とりあえず、目の前の積読本の山の中から、

「ほらほら、そうでしょ?早く『私』を読んでちょうだい!」
と訴えるような目・・・いや、背表紙をチラつかせている

嵐が丘〈上〉 (光文社古典新訳文庫)
E・ブロンテ
光文社
売り上げランキング: 176,556

から、読みたいと思います。
(カラマーゾフくんもかなりの眼力で私をにらんでますが・・・・)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

『狼と香辛料』大好き!
2016年10月08日 (土) | 編集 |
狼と香辛料 (電撃文庫)
支倉 凍砂
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2006-02-10)
売り上げランキング: 7,769


ずいぶん昔に購入して、少し読んで(そんとき、「おもしろ~い」と思ったのは覚えてるんだけど)
そのまま本棚に飾ったままだった。

先月、Amazonのお勧めのところに18巻と、新たなるシリーズのスタートとなったこちらも
一緒に並んでいて、「おぉぉー」と思い出したように、また1巻を手に取る運びとなった。

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)
支倉凍砂
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-09-10)
売り上げランキング: 75


先日、Yahooのリアルタイムでも話題になっていた。
アニメがあるのかな?
『ニコ生二夜連続』とか・・・・

ヤフオクで全巻まとめ買いしよっかなぁ~


・・・・・・て、時間無いくせに!

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村




なぜか惹かれるこの『大先生』!
2016年07月17日 (日) | 編集 |
去年のこの時期かな~ 
又吉さんの『火花』を読んで、ある意味感動した。

そん時のブログが、こちらです

あれ以来、又吉大先生の本が読みたくて捜した中で、こちらをAmazonで。


「読書」に関する本を読むのが大好きなあたしは、ためらわずに定価で購入
(いやいや、本って高いから、たくさん買いたいあたしはよっぽどでない限り
 古本を捜しますよ

47冊の本を紹介されていて、「さいごに」には

「今回紹介させていただいたのは大好きな本ばかりです。」と・・・・・

ご・・・・ごめんなさい。
どれも、「読みたい!」と思ったものはありませんでした。

だいたい1冊あたりに、多くて6ページくらい書いておられますが、
その中で、その本の内容に直接触れているのは数行だけ。
残りのページは全て、又吉さんの幼いころの話や、売れてない頃の
話で、それを読んでいる方が断然おもしろかったです。

な~んか惹かれますよね。


そして、先日こちらも購入しました・・・・定価で!!


しかも、Amazonの予約入れてのお買い上げで、
自分でも秘かに「又吉ファン」になっているのかも??と驚いております。


え?


もちろん、あたしの大本命は・・・・・うふっ

マットディモン 2

きゃ~きゃ~~~

10月には「ジェイソンボーン」が帰って来ま~す。

絶対観に行くぞ!!

と、最後は大好きなMatt Damon様で


明日からまた仕事だ・・・
しかも、昼から夜までぶっとおしだ・・・・・
よろしければ、こちらに応援のお願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村





『最古の魔術書』Ⅰ~Ⅲ
2016年04月21日 (木) | 編集 |
久々に読了感を味わっております。

  
 

えがったー

2500年前に偉大な魔術師たちが世界の運命にかかわる重大な意味を持つ魔術書を創りました。
予言で、三冊からなる最古の魔術書の守り人とされた三人きょうだい、ケイト、マイケル、エマが
その運命を背負って現代に生まれてきます。 そして、両親と引き離され、魔法使いピム博士に
導かれながら、それぞれがその魔術書を捜す冒険に出発します。
ケイトは『エメラルド・アトラス』(第一巻)
マイケルは『ファイアー・クロニクル』(第二巻)
エマは『ブラック・レコニング』(第三巻)を。

ハラハラのしっぱなしですが、周りのキャラがまたユニークで、最高です。
最後はもう・・・涙・・涙のウルウルでした。

毎年1巻ずつの出版で、もう・・・・待ちきれんかったです。

どうしても、魔法使いとか、ドラゴンとか、そういうストーリーには惹かれる美月さんですね。

よろしければ、こちらにお願いしま~す。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



こういう才能をコッソリ持ってる人って憧れるなぁ
2015年07月26日 (日) | 編集 |
やっと順番が回ってきた。

3月に図書館に予約入れて、7月の10日ごろに

「予約本確保」

の連絡がきた。 おそっ!!

ちまたでは、著者の又吉さんが

「芥川賞候補」

として、話題になっていた頃だった。

図書館・・・・近いようで、でも車じゃないといけない距離だし

確保期間の10日以内に必ず取りに行かないといけないし

なんだかんだ・・・・(忘れていた)・・・・ところに

『芥川賞受賞』

のニュースを見た瞬間・・・・

よっしゃ!!ナイスタイミング!!!

取りに行ったあと、図書館のHPで確認すると
あたしの後にはまだ100人以上のかたがお待ちになってる・・・・

急いで読まなくちゃ・・・



ほんと、無理なく一気に読めました。

単行本にしては少し薄いものではありますが、
内容は薄くはありません!

笑うところは、著者の普段の感じで想像できますが
「クスッ」
っていう笑いで、私のツボにググッと入りましたし、
(主人公の徳永くんと、先輩の神谷さんの会話がなにかと面白い)

しみじみと考えさせるところは
「そうだなぁ~」
と、これはこれで奥深く残っていくものでした。

なので、あたし的にはすごく気に入りました。
(読むまでは、少し批判的な思いで・・・・又吉さん、ごめんなさーい)

残り数ページのクライマックスでの、
「神谷先輩の奇行」(といってもいいですよね?)は正直、

やられたぁ!!

と、いうあまりにも意外なものでしたが、それがやっぱり又吉さんの
ナイスな感性なんでしょうね。

ほんと、綾部さんではないですが、

「大先生!」

と呼ばせていただきます。

次回作がメッチャ楽しみです。

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。