• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絶対、英語多読はいいんだよ!
2015年05月24日 (日) | 編集 |
かづちゃんの本棚を見てたら、読みたくなってしまい
一気読みした。


登場人物が限られているので、勘のいい人はもちろん
「にぶ~い」あたしでもなんとなく途中から目星がついてしまい
やっぱりね!
って感想でした。

赤川次郎さんの作品は、読書が苦手な中高生にはもってこいでしょう
中高生・・とりわけ、高校生は「青い鳥文庫」的なものは
読みやすく内容もいいけど、手に取りにくいですよねぇ。
うん!

うちの塾生たちも「読書が好き!」って感じの子はいないですね。
昔は、学校のカバンのポケットに必ず文庫をいれてます!のような子
もたくさんいた。
(あのころは、まだ『新書』の存在がなかったしね~)

学校の長文を読んでても ただ単語の意味を並べるだけの子も
少なからずで、高校の教科書の内容もそれなりに味があるのに
まったくbackgroundがわからないから、イメージもわかないようだ。

困ってます・・・・

だ~か~ら~
『英語多読』がいいんですよぉ。
ORTのような小さい子が読むような本を 高校生が読んでても
まったく違和感が無いし、逆に「お~!!」ってビックリされますよ。

今年になってから入塾してきた現在高3の女の子。
『食品』関係の大学に行きたいそうで、推薦でほぼ決まるようだ。
じゃあ、どうして今更塾に???
「今の高校のレベルは大したことないので、大学に入ったら
自分は絶対周りに付いていけないと思う。だから、大学生になっても
困らないように鍛えてほしい!」という素晴らしい女の子です。

その子は、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」が大好きなので、
昨日、塾の後半で、こちらの本を一緒に読んだ。

A Horse and a Hero (Disney Tangled) (Step into Reading)
Daisy Alberto
RH/Disney (2011-01-11)
語数:281語 / YL:0.7 / オススメ度:(3.0)


YL0.7、語数も280くらいで、絵を見ながら楽しく読んだ。
すると、「高1の時の英語の先生が、『英語は日本語に訳さずに、
英語のまま読んでいくのが一番いいです』って言われてました。」
と、思い出したように彼女が言ったので、
「そうなんよ!」(・・・・よっしゃぁ!!きたきた!!!)
と、多読の良さを説明して、こちらのORTも続けて読んだ。

Oxford Reading Tree: Stage 4: Stories: Pack of 6
Oxford University Press (Japan) Ltd. (2011-01-01)
語数:924語 / YL:0.4 / オススメ度:(4.0)


「これなら、私も読めそう!家に持って帰っていいですか?」
と、言ってくれて このStage.4の6冊セットの残り5冊を持ち帰った。

うれし~な~

ほんと、これだけ買い揃えてるんだから、もっと活用してもらいたい。
ま!小学生の二人がメッチャ喜んで、読んでくれてるからいいけどね。

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

古川せんせ同感です!今後のGRに望むこと
2015年05月19日 (火) | 編集 |
いつの?どこの?記事か忘れてしまって申し訳ないのですか、
あたしもずっとこのように考えていたので、この記事を読んだとき
「そうだ!そうだ!」
と頷き、この部分をコピーしておりました。

(以下、共感を持った部分です)
ことしも、いろいろなGraded Readers(GR)の新刊が発行され、また、新しい
GRのシリーズもいくつか発行されました。
 SSS英語多読研究会(旧称:SSS英語学習法研究会)を、酒井先生(先生は、今
は、NPO多言語多読の理事長として活躍されています)と共に立ち上げた2001年
にはGRを手に入れるのも大変だったことを考えると様変わりです。
多くのGRには、裏表紙に、総語数が表記されることになり、SSS方式で多読の
語数を数えるのはとても楽になりました。

 しかし、まだまだ、多読によってスムーズに英語力を上げていくには、GRの
幅が足りないのが現実です。というのは、GRも一般の児童書も、語彙や文法の
レベルが上がると同時に、長さも長くなっていくためです。

 おそらく母語の場合には、子どもたちは、高い語彙や文法の言語に、すでに、
「耳」で慣れているため、「語彙や文法のレベルが上がると同時に長さがが長
くなっていく」レベルの上げ方で全く問題がおきないのだと思います。
アメリカの英語が苦手な小学生でも、高学年であれば、ちょっと無理すれば、
YL5程度の児童書は問題なく読めるということなので、実際に「易しい文章で
長い本」というのは、母語の場合、需要がないのでしょう。

 一方、外国語学習の場合、「耳」で高いレベルの言語に慣れているというこ
とが無いので、特に、日本人が全く違う言語である英語のような言語を学ぶ場
合、

「(1)語彙・文法の難易度が上がるとともに、長さが長くなるGR」だけでなく、

「(2)語彙・文法の難易度は変わらず、長さが長くなるGR」や

「(3)語彙・文法の難易度は上がるが、長さは長くならないGR」

のようなGRが無いと、途中で挫折する人がどうしても出てしまうと感じていま
す。
 他の学習法に比べると、ストレスの少ない多読ですが、それでも、始めるのは
簡単でも、続けるのは大変です。少しでも続けやすい環境を広げるため、2015年
は、(2).(3)タイプのGRの出版を出版社に働きかけていきたいと思います。
 それでは、来年も宜しくお願いします。             (古川)


日本で『英語多読』を推進されている代表のお名前は?
と聞かれたら やはりこの
「古川昭夫せんせ~」
「酒井邦秀せんせ~」
ではないでしょうか。
(お会いしたこともないのに・・・・ご無礼をお許しくださいませ)

わたしも多読を生徒に勧める中で、
(2)や(3)のGRの数をもっと増やしてほしいなぁ~
という希望がふつふつと湧いておりました。

価格も抑え目中高生向けの『YLは低いけど長めで飽きのこない』GRを
ぜひぜひどこかの出版社さ~ん!!お願いします。

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

SEGの東京にある多読塾に、かづちゃんも行けたらいいなぁ・・・
と、無理はわかっていてもパンフレットを取り寄せ、
夏休みくらいなら???
と、一人勝手に妄想していた母でございました。

「無理にきまっとるじゃん!」

の一蹴でした・・・・

音声を使っての洋書多読への一歩。
2013年06月01日 (土) | 編集 |
塾の本棚には少しずつではありますが、洋書が増えております。

何も言わなくても、4~5冊ずつ塾に来るたびに貸出カードに書いて
持ち帰って読んでは、また、返却して次を持ち帰る。

というサイクルが出来ている子もいれば・・・

「学校の宿題に終われて、読みたくても読めない~」

と、ずーっとORT(Oxford Reading Tree)を家に持って帰った
ままの子もいます。

「読みたい!」という気持ちはみんな持っているようで、

「塾の時間を少し読書の時間に取ってくださ~い」と言いだし、

たしかに、『多読推奨委員会長』のあたしとしては

「そうじゃね~」

と、承諾してしまうしかないのであります。

中学生の子たちもORTは大好きで、
今日は音声を聞きながら一緒に読んでみた。

ウォークマン

音声を使っての洋書多読はとても効果的なのはわかっていても
なかなか普通の授業の中に取り入れるのは難しく、
通常の授業も進めなくちゃ時間ないし・・・
でも多読も毎回やって、習慣づけしたいし・・・
と。

ウォークマンにORTの音声を入れるやり方がわからず、
お手伝いをしてくれた友人のたぬちゃんは
先日も紹介した「Kid’s 教室」を開いていて、
ORTを使っての授業も毎回おこなっている。
ぜひぜひ 見学に行って教えてもらいたいです。

たぬちゃんの教室はこちら。


あたしの大好きなMagic Tree Houseを棚にど~んと並べると

「あー 小さいころに好きでしたよ~」

と興味深く手に取って見ている子もいた。
さっそく、その子は借りて帰ってくれた。

また、
「せんせ~ あたし『三匹の子ぶた』とか『ブレーメン』とか
童話みたいなのがたくさん読みたいです~」

と言ってくる子もいる。
あらすじをあらかじめ知っているほうが、断然読みやすいですよね。

多読初心者たちにはそれもまたいいなぁと思い、
さっそく、調べてみると
あたしの好きなこちらのシリーズに
「Three Little Pigs」を始めたくさん揃っていました。

classic readers 6冊シリーズ

Levelが1~6までありますが
CD付きで一冊が「735円」ですよ。
安いですよね~~

あ~ お小遣いが全部「洋書買い」につぎ込まれている
美月でごじゃります。

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村


≪和文英訳≫
「おそらくかつて人間に与えられたうちで最も賢明な忠告は
 『汝自身を知れ』という昔の忠告であっただろう。
 これはいうまでもなく個人に当てはまることだが、
 それと同時に国家にも言えることである。
 自国についてよく知らず、他国の批判ばかりしているのは
 最も危険なことである」


ほんと・・・だれかさんに言ってやりたいものだわね。

にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ
にほんブログ村 


≪英文和訳≫
Probably the wisest bit of advice ever offered
man was the ancient advice to "know yourself."
It is, needless to say, the case with individuals,
but it is also true of nations.
It is the most dangerous that you don't know well
about your own country and are always fidning
fault with other nations.


今年はまだ9万語。
2013年04月14日 (日) | 編集 |
今年になって多読量が伸びてません。

2年前に洋書多読と出会い、がむしゃらに買っては読み、買っては読みで

2011年 111万語

と、目標の100万語を突破した。
続いて、

2012年  62万語

入院したりのバタバタの年だったので、まぁ仕方ないか。
で、今年は

2013年(1~4月現在で)  9万語

え??? 90000語?

少なーぃ。

生徒たちに、「読め!読め!」とお尻をたたきながら、
自分がこれじゃあ・・ねぇ~

積読本の「和書用」と「洋書用」と本棚が二つ並んでいる。

積読本用の本棚ってのもどうかとおもいますけでねぇ・・・奥さん!

ここで、本棚の写真でもアップしたいのは、やまやまですが
その本棚の横の?片付けてないもろもろの「やまやま」まで
お見せするハメになっちゃいますから ここはご勘弁を~~




このブックガイドは、1冊づつ「お奨め度合」が
★・・・超お薦め
☆・・・お奨め
◎・・・かなりお奨め
〇・・・ふつう
△・・・英語教材と思えばまあまあ
×・・・お奨めできない

と、記してくださっているので、こちらを参考にしながら
買い足していきたいと思います。

夏までに、50万語・・・・いや・・・30万語!
めざしてがんばるぞ~

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村


100万語までもうすこしなんだが・・・
2012年10月16日 (火) | 編集 |
ん~
ちょっと難しくなってきましたね~

「年間、洋書100万語!」

と、昨年から始めた洋書多読。
とりあえず、100万語を目標に!と
レモンさんの後を一生懸命追いかけ、
いつかYakkoママに追いつくぞ~ と
そして、なんとか1年で達成いたしました。

そして、2年目。
早くも雲行きが怪しくなってきた。
読んだり読まなかったりが激しく、
もう10月も半ばですが、70万語しか読んでない。
あと、2ヶ月で30万語????

ムリムリ~ぃ

去年までは和書を中心に年間100冊・・・は行かないまでも
買ったり、借りたりで楽しく読書をしておりました。
ところが、去年。
「洋書多読」というものに出会い、すっかり自分がはまって
しまい 和書はほとんど封印・・というか、読書に当てる時間
はすべて洋書にもっていったので、去年は20冊も読まなかっ
たんじゃないかなぁ。
図書館ともご無沙汰になってしまいました。

ところが、今年は「やっぱ、和書も読みたい!」と
両方に手を出す結果となり、しかも入院・手術という
予想外の出来事がおこったのもあって、
2年目にして早くも「達成ならず」となってしまいそう。

もちろん、仕事第一で年末まで頑張りますが、
30万語・・・ん~ せめてもう10万語は読みたいな。
そして、来年は

120万語読めばいいのじゃー

と、いつもは悲観的なみずがめ座のA型のくせに、
今日はとってもhigh~な美月でごじゃります。

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。