• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
『Sherlock Holmes:The Blue Diamond』(Oxford Dominoes Level.1)
2013年01月20日 (日) | 編集 |

先日読みました。

Sherlock Holmes: The Blue Diamond
Sir Arthur Conan Doyle
Oxford University Press (Japan) Ltd. (2010-07-25)
語数:5,389語 / YL:1.8 / オススメ度:(4.0)


高1のmy nephewの週末の宿題として学校から渡されたものです。
毎週末にChapter を一つづつ読んで、それに関する問題を解いて提出です。

このDominoes(Oxford GR)シリーズはイラストがカラフルで素敵です。
Sherlock Holmes はこの上の2つのレベルにもそれぞれあります。

今回読んだのは、YL1.8で総語数は約5000語レベルだったのですが、
今まで洋書を読んだことのない高1年生には「キツイ」のではないかなぁと
思いました。
もっとレベルを下げて、たくさん読ませるほうが絶対いいのになぁ~

とりあえず、返り読みしないで、前から前から一緒に読んでいきました。


こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト