FC2ブログ
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
『ドラゴンの塔(下)』ナオミ・ノヴィク著 お薦め!
2018年09月03日 (月) | 編集 |
はい!続いて読了

ドラゴンの塔 下巻 森の秘密
ナオミ・ノヴィク
静山社 (2016-12-07)
売り上げランキング: 264,283

もう読まずにはいられないですよね。
ほんと『大人のファンタジ―』って感じで、魅せられました。

主人公のアグニシュカの女の子から大人の女性への成長
”ドラゴン”とのロマンスの行方も気になってしまい、ハラハラドキドキのしどうしでした。
久々にハマった!
Fantasyはやっぱり・・・・いいよねぇ~~

『外伝』を期待してまぁ~~す

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

『ドラゴンの塔(上)』ナオミ・ノヴィク著
2018年08月31日 (金) | 編集 |
久々の一気読み!

ドラゴンの塔 上巻 魔女の娘
ナオミ・ノヴィク
静山社 (2016-12-07)
売り上げランキング: 131,927


もしろかったぁ!!
数年前に、『テメレア戦記』で「おーー!」と興奮して読み始めたが、
図書館で借りて読んでいたので、自分のペースで読むことができず
シリーズ途中で断念・・・・していた
やっぱ、この著者の作品は私にはドンピシャ!なのかも

わたしはどうやら「ドラゴン系」の作品が好きな傾向があり、
内容はさることながら・・・・表紙にバッチリとドラゴンが載ってると



こんな感じで

エラゴン 遺志を継ぐ者 (ドラゴンライダー1)
クリストファー・パオリーニ
静山社
売り上げランキング: 147,743


こんな感じで

即買い!でシリーズで買い揃えてしまう。
今回の『ドラゴンの塔』も(上・下)2冊でかなり前々から惹かれていたが、
お財布事情で なかなか手が出ず、やっぱり・・・・
our city library
から拝借した次第であります。

いやいや、実は・・・ドラゴンは・・・・・出てこないのよねぇ
この、魔法使いの男性が「ドラゴン」て呼ばれている人で、
なかなかクールでカッコいい感じなんだけど
彼はなんと・・・100年以上生きてると言われ、その「ドラゴン」が
10年に一度、17歳の少女を1人、自分の住む『塔』に連れて行き
共に暮らすという習わしがある、というお話。
10年に一度の年を迎え、本人も家族も村の人たちも絶対選ばれない
であろうと思っていた、「アグニシュカ」が 『召し上げられた』
ところが、このアグニシュカは普通の女の子ではなかったのだ!
と、ネタバレしそうなので、この辺で・・・・

とにかく、明け方まで読んでて、かづちゃんにもとーさんにも
白い目で見られてしまった・・・・が、
さっそく、『(下)』を my library から調達した次第であります。

この後はまた、『テメレア戦記』に戻りそう

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




『アラルエン戦記(1)弟子』 シリーズにハマりそう
2018年01月03日 (水) | 編集 |
Amazonの本の画面を検索すると、以前購入したものは、「○○年〇〇月○○日購入」と出てくるので
実にありがたい!

今日、本棚をまじまじと眺めていると・・・・これは・・・?

と、手に取ったのがこちら

アラルエン戦記 (1) 弟子
ジョン フラナガン
岩崎書店
売り上げランキング: 313,252

2年前に購入していた。

それが、ねぇ

読みだしたら、止まらないのよ~~

いやいや、児童書なんだけどね
おもしろいと言うか・・・・先が気になって、閉じれないのですよ。
児童書って、Chapterごとが短いから、読みやすいのよね
今のところ、10巻まで出版されてますが、また続くみたい。

んん~~ またまた私の本棚に新たなるシリーズものが追加されそう


商品の説明(以下、Amazonより)
内容紹介

全世界500万部! 大型ファンタジー登場!
アラルエン王国の孤児・ウィルは15歳でレンジャーの師に弟子入りする。仲間との友情を育みながら、この世界での居場所を築いてゆく物語。少年たちの熱き修行の日々が始まる!
内容(「BOOK」データベースより)

「ウィル少年には、素質があります。わたしは彼を引き受けます」孤児の少年・ウィルの前にあらわれたのは、なぞに包まれた不気味な男だった。旅立ち、弟子入り、放たれた刺客と15年前の記憶―アラルエン王国の運命をにぎる、技の巨匠と少年たちの熱い日々がはじまる。孤独を抱えた少年が、師と仲間に支えられ成長する物語。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



『最古の魔術書』Ⅰ~Ⅲ
2016年04月21日 (木) | 編集 |
久々に読了感を味わっております。

  
 

えがったー

2500年前に偉大な魔術師たちが世界の運命にかかわる重大な意味を持つ魔術書を創りました。
予言で、三冊からなる最古の魔術書の守り人とされた三人きょうだい、ケイト、マイケル、エマが
その運命を背負って現代に生まれてきます。 そして、両親と引き離され、魔法使いピム博士に
導かれながら、それぞれがその魔術書を捜す冒険に出発します。
ケイトは『エメラルド・アトラス』(第一巻)
マイケルは『ファイアー・クロニクル』(第二巻)
エマは『ブラック・レコニング』(第三巻)を。

ハラハラのしっぱなしですが、周りのキャラがまたユニークで、最高です。
最後はもう・・・涙・・涙のウルウルでした。

毎年1巻ずつの出版で、もう・・・・待ちきれんかったです。

どうしても、魔法使いとか、ドラゴンとか、そういうストーリーには惹かれる美月さんですね。

よろしければ、こちらにお願いしま~す。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



面白かったので洋書で読み直し!これもありだな?
2015年05月03日 (日) | 編集 |
表紙に惹かれて、図書館に頼んで取り寄せてもらいました。



小学生中学年くらい向けかな?
行間もたっぷり取ってあるし、イラストもたくさんあります。
内容は、うふっあたし好みですね。

主人公のナサニエル・フラッドくんは両親を事故で亡くしてしまう。
彼を引き取ってくれる唯一のおばさんの元へ行くのだが、
「幻獣学者 P.A.フラッド」
と書かれたプレートがドアに貼ってある。

家の中には、絶滅したと思われるドードー鳥がいる。
しかも、話しかけてきた。

「きみ、生きてるの?」
と、ナサニエルはビックリ。

しかも次の日の朝、フィルおばさんから
「アラビアに行って、フェニックスの再生を確かめに行くわよ」
と言われ、さらにビックリ。

道中で、フラッド家の秘密を聞かされたり
不思議な幻獣(おばさんは害獣と言っているが)グレムリンと
友達になったり・・・・

と、楽しいファンタジーです。
すっかり気に入って2巻以降も図書館にお願いするつもりです。



どうせなら洋書で読みたくなったので、購入しました。
英語も読みやすい!

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村


ブログ内のカテゴリーに『子』をつけて、整理し始めました。
カテゴリーの選択が気になり始め、そうなるときれいにしないと
なーんかすっきりしない美月さんです。
今日はどこまで片付くかな???