• 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
入院します。・・・・ショック(>_<)
2011年12月09日 (金) | 編集 |
お~久しぶりの書き込みです。

100万語達成してからはボチボチと読んどりますが、
期末テストの嵐~あらし~で、かなりお疲れの美月さんでした。

しかも・・・
先月の半ばに急激におなかが痛くなり
「あ~ そろそろ内膜症(←もう7~8年の付き合いになる)がまた悪くなったのか」
「筋腫(←今年になって見つかった子宮筋腫がいくつかある)が暴れとるのかな」
と、
あまりにも痛みが増してきて動けなくなり
仕方なく、病院へ行ったら・・・

「あら?2月に検診受けた結果を聞きに来てない?」
「はい・・・・」 
「こちらからも連絡してない?」
「え?はい」
「電話もしてない?」
「・・・・はい」

え~ やばいじゃん!!

そして2時間近く待たされてやっと診察室に・・・
(病院ってどうしてこんなに待たされるのかしら)

「検査結果をこちらから連絡してないんですよね?」
とまた女医先生の念押しがあった。

「ちょっと、疑わしい細胞があるので早めにCTとMRIを撮ったほうが
 いいので、今日はその予約して帰ってくれる?」

と言われ、パソコンの画面見てそれぞれの予約をした。
(CTとMRIは同じ日にするとしんどいらしいので2日に渡って病院に。)

数日後、撮りに行ったMRIでは、
最後に投与する「なんとか剤」ってヤツがどうやらあたしの体に
合わなかったようで、心臓がバクバクして、手足が痺れて動かなくなった。
(そして「薬物アレルギー」を認定されるハメになった・・・ショック

1週間後に検査結果を聞きに行くと、
いつもの女医先生ではなく白髪頭のおじさん先生だった。

MRIではっきりは写ってないが「子宮がん」の初期とのこと。
まずは、3日ほど入院して「疑わしい部分」を切り取ってそれをまた
詳しく調べるらしい。
何ミリ浸透しているかで治療法が変わるので、とりあえずは早めに
取り掛かりましょう。
と言われた。


「が~ん」 

とか、シャレを言っとる場合じゃないじゃろがぁ!!!


って、ことで
病院に通いながら、授業もしながら、
我が家のおじょーさまの世話もする美月でごじゃりました。
ので、この「ブログ」なんて書く暇がなかったのでございます。

「えーじゃん。(←いいじゃん!となぜか羨ましがるヤツ)
 本いっぱい持って行き!!
 入院したら暇じゃけ、ドンドン読めるじゃん。
 よかったね。」

とおじょーさまなりに慰めてくれているのか、の~てんきなのか・・・

昨日で最後の学校の期末テストも終わり、
早く終わった学校は授業を再開してますが・・・・
受験生たちも気になりますが・・・・

とりあえず、来週の月曜~水曜まで行って来ます!

あ~ 保険の見直ししとけばよかった・・・・


よろしかったら、落ち込んでるあたしを慰めてくださ~い。
   
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト