スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『Secrets of Droon #6』 
2012年03月09日 (金) | 編集 |

昨夜読んだ本。
The Sleeping Giant of Goll (Secrets of Droon)
Tony Abbott
Scholastic Paperbacks (2000-02)
売り上げランキング:49936位
語数:8,309語
YL:3.8
オススメ度:(4.0)

やっぱ、大好きだわ。
Magic Tree Houseと交互に読んでます。
どっちも「adventure & fantasy」でハマリまくりです。
Droonシリーズのほうが知らない単語が多いですが、
この世界に入ってしまうと一気に読んでしまいますね。

Droonに行くには、Ericの家の地下室のさらに奥の部屋の扉を
あけると長い階段が現れて、それを降りていくといつもDroon国の
いろんな場所に到着する。
ただし、Eric,Neal,Julieの3人の誰かが不思議な夢をみたり
奇妙な事象が現れたりするのが、Droon国に行ける前触れである。

なかなかその前兆が出てこない3人はかなりいらだっていた。
Nealが「僕の夢は巨大なピザの上に座ってる夢。」
Ericは「メタルのゴミのカンをほうきの柄で叩いている夢。」
と、諦めているところに
Julieが不思議な夢をみたと飛んできた。
「田園の上を浮いていて、丘の上には王冠がいくつかある。
 しかも、わたしにも王冠が!! Princess Julieになってるのよ。」
と、大喜び。
もちろん、地下室には階段が現れていて3人はDroon国に。

3人の夢はまったく共通点がないようだが、
どれも重要なカギになっている。
表紙にもあるように、Zorという伝説の巨人をSparが復活させたところに、
blue dragonが現れてみんなを救ってくれる。

まさか・・・このdragonは・・・

読み終わるのがもったいないけど、
必ず次の巻が読みたくなるように心をわしづかみにされておる美月しゃんです。


ほんと、電個さまがおっしゃるように
しんどいくせに・・・
片付けもせんといけんくせに・・・
多読はいつになくハイスピードで、
ブログの更新も張り切ってる美月でごじゃります。


褒めて~~~
    

    
よろしくお願いします。
    
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
にほんブログ村

こちらもよろしくお願いします。
   


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。