スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっぱ、ORT大好き!!
2013年10月25日 (金) | 編集 |
今日は台風27号の影響で、警報が朝からでており
たいていの小中高校で休校となっている。

どうせ、家でのんびりとしているのでは???
と思っている子たちにメイルをして

「おいで~」

と声をかけ、

「わかりましたぁ~」

と返事が届くとさっそく時間の割り振りをして
再度、送信!

夜、高3生が来るまで頑張りますよぉ~~


≪今日の塾≫
午後から 中学生 やら 高校生1・2年やら

18:30~ 高3生


≪洋書≫
読み切っていない「ORT」が本棚に押し込まれている。
Stage.8と9(More Stories A)の6冊パック

今日はStage.8の3冊をご紹介

Pocket Money
Roderick Hunt
Oxford University Press (2011-01-01)
語数:1,266語 / YL:0.9 / オススメ度:(4.0)

家族で海岸に来た。おとうさんはお手伝いの表を作り、それに応じておこづかいを
だすと提案した。 ChipもKipperもBiffも最初は気が進まなかったのだが、
海岸から帰る途中に寄ったお店で、Biffはとても気に入った化石を見つけて
それがどうしても欲しくて、すべてのお手伝いを自分一人でやってしまった。
Biffは当然、お手伝いをしたので報酬をもらえると思っていたが、
おとうさんはみんなで分担して仕事をしないと意味がないと言い出した。
それに腹を立てたBiffだったが、海岸で思いもよらないハプニングに遭遇し、
最後は、欲しかった化石を買うことができた。

Biffちゃんの清らかな行動がは、とても心に打つものがありました。
小さい子たちがこれを読んだとき、心に残ったらうれしいなぁと思いました。

Evil Genie
Roderick Hunt
Oxford University Press (2011-01-01)
語数:1,294語 / YL:0.9 / オススメ度:(4.0)

Magic keyに連れてこられたのは小さな無人島。
そこに小さなボートに乗った少年Kamarが現れた。
みんなが、ボートに乗ったところで、Biffがさきほどの
無人島で見つけたビンをKamarに差し出し、その栓を
開けると・・・
なんと、悪の精霊が出てきた。(表紙の白ひげの男)
悪霊が嵐を起こし、みんなを島にうち流します。
そこでなんと、4年前に海で遭難したお父さん(Kamarがずっと
探し続けていた)に、会えたのでした。
しかも、悪霊をビンに閉じ込めたのはこのお父さんのHassanで
すぐにまた悪霊がやってきて仕返しをしようとします。
犬が大の苦手な悪霊は、Floppyに追いやられて退散しますが、
そのあと、島にいる大きな鳥を使って、Floppyを捕まえて
遠くに連れて行ってしまいました。
「どうしよう」と困っているときに、Magic keyが光って
Floppyを残したまま、家に戻ることになってしまいました。

ここで、この1冊は終わり、続きは『Save Floppy!』へ。

Magic Keyが連れてくる別世界では、Floppyが
喋らないにしろ、心に思うことが文字になっているのが面白いですね。
急いで、続きを読みました。

Oxford Reading Tree: Stage 8: More Stories: Save Floppy!
Roderick Hunt
Oxford University Press (2011-01-06)
語数:1,248語 / YL:0.9 / オススメ度:(4.0)

『The Evil Genie』の続きです。
Floppyを残したまま、現実の家に戻ったBiffたちですが、
一緒に行かなかったChipに話し、「自分のせいだ」とBiff
が言い出した時、またMagic Keyが光り、2人をKamar
のいる島に戻してくれた。
さっそく、Floppyを助けに行こうと、大きな山に向かう二人だが
(表紙になってますが、山のてっぺんに不安げにしているFoppyがかわいい~)
またまた、悪霊が二人を邪魔しようとする。
Kamarの助けもあり、Floppyを連れ戻したChipたちは
最後にまた、悪霊をだましてビンの中に入れ込むことに成功した。

危うい状況でも、Floppyが脱出するときの冷静な(?)頭の中に
ビックリ!(詳しくは、P.18の挿絵とFoppyの「   」を読んでね。)

ちょっと、長くなりました。

≪ユメブン≫
・・・・・やばいぞ~

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。