• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
ORT(Stage.8 more後半3冊)
2013年11月12日 (火) | 編集 |
ちょっとごぶさた・・・

なかなか継続できない美月でごじゃります。

忙しくて・・・寝不足です。

って、じゃあ早く寝れば???

ですよね。


前回に引き続き、ORTのご紹介を。

Oxford Reading Tree: Stage 8: More Storybooks A: What Was it Like?
Roderick Hunt
売り上げランキング:1389398位
語数:1,245語 / YL:0.9 / オススメ度:(4.0)

戦争のころの劇に参加することになったChipたちが講演でリハーサルを
始めています。 昔のことで理解しにくい場面もあり、真剣にできない子供たちを
Magic Keyがその時代へと連れて行きます。
突然、空襲警報が聞こえ、周りの人たちとshelterに行き、手段疎開や
「ガスマスク?」も経験します。
本当に辛く大変な時代を経験したChipたちは、冒険から戻ってから
Gran(おばあちゃん)に「バナナなんて見たことなかった」という話も聞き
その夜の『劇』は見事に演じられたのは言うまでもありません。


Oxford Reading Tree: Stage 8: More Storybooks A: Egyptian Adventure
Roderick Hunt
売り上げランキング:1078465位
語数:1,121語 / YL:0.9 / オススメ度:(4.0)

Floppyも一緒に古代エジプトへ。
ちょうど奴隷たちが大きな石をみんなで運んで、なにかを建設しているところに
Magic Keyに連れて来られた。
猫を見つけたFloppyがいつものように追いかけまわしていると、
それに気づいた奴隷たちが、Floppyに手を合わせ、ひざまずいている。
そして、エジプト王の元にFloppyを連れて行き、王からも丁重に扱われる。
一方、子供たちは奴隷たちと一緒に労働を強いられ、くたびれていた。
しかも、大きな石を削って造っているものをよく見ると・・・
「スフィンクス?」
「でも、しっぽが・・・・え?まさか??」
と、出来上がったところでKeyが光ってFloppyも一緒に戻ってきた。

黄色い犬!と、おもてなしをされているFloppyの嬉しそうな顔がかわいい。


Oxford Reading Tree: Stage 8: More Storybooks A: Flood!
Roderick Hunt
売り上げランキング:834705位
語数:1,149語 / YL:0.9 / オススメ度:(4.0)

Kipperの住む地域に大雨が続いて、ついに学校が休校になった。
家に帰って、みんなで砂袋をドアの前に積んではみるが
まだまだ心配。
そしてついに、雨は家の中へと入ってきた。
救命ボートで家から脱出し、町のみんなが集まっている集会所へ。
やっと、洪水がおさまり、我が家に帰ると、泥で家の中が汚くなっている。
でも、パパとママの対応に「さすが~」と感心しました。
ママの「でも一番大切なものは・・・」の最後のセリフがよかったです。


Stage.8なので、YL0.9ですが、
内容は深いですよ。
根強い人気なのはわかりますね。

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村



スポンサーサイト