• 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
年に一度の検査『脊髄空洞症』
2016年11月21日 (月) | 編集 |
11月15日(火曜日)に大学病院に検査に行った時のこと
『早起き日記』には書いたのだが、こちらのブログにも残しとこうと思って
ところどころ付け加えて書いてる。


「脊髄空洞症」という難病を抱えた私は年に一度、大学病院で検診をしています。
今日はその「年に一度」の日だった。
電車で往復3時間ほどかかる大学病院。
おとんの手前、新幹線では行けないが、
その時間は本が読めるので、のんびりのローカル線で行っております。

予約しても1時間半待たされ、やっと順番に!
私の症状は今のところ『指が痛い』というところ。
「空洞」もまだ初期の段階なので、一年たっても
それほど変化はない。
毎日、8本の指(親指は免れてます)のうち半分くらいが痛い!
だいたいが、指の付け根と関節と関節の間
一番つらいのが、握力が「ゼロ」ってとこかな
物をすぐ落とす。
先生に「握力が戻りませんか」と聞いても
「痛みがあるから握れないんでしょう」と言われ
「いや、そうじゃないと思うんですが・・・・」
と言いたくても言えない雰囲気

結局、痛み止めの薬を処方してもらって、
一年後の11月にまた予約を入れて終了
往復の電車・バス代に対して、治療代は420円
ありがたいんだけど、なんか心に残ったまま帰ってくるのも・・・ねぇ
元々わたしの『空洞症』を見つけてくださった、わが町の病院の先生のほうが
話しやすいし、いろいろ答えてくれるかな。
『空洞』の進行もよくわからないし、
大学病院の先生は
「1年たってもそこまで症状を変わらないし、
 進んでいたら、今こうして座ってられないですよ」
と・・・・

病院の先生ってその病気の経過だけ見るんじゃなくて、
それに伴う「心の不安」っていうのもわかってほしいなぁ・・・・

って、わたしのわがままかな?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト