FC2ブログ
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
今日もOBWを2冊読んだどー
2015年04月23日 (木) | 編集 |
なかなかブログって続かないんですよね~

・・・・って、あたしだけかもしれませんが。

でも、人のブログをチロチロ覗くのは日課みたいになってるんですよね。
(結構な時間を割いてしまう・・・・

わたしのお気に入りのブログを今日は2つ紹介します。
(って、ご本人に了承も得てませんがいいですかね???)

一つ目は
confidential cafe』さんです。
たくさんたくさん本を読まれているのですが、
私の興味をそそるような本が多くて、すごく参考になります。
書評もきっちりまとめあげておられて、ご本人の文才にもあっぱれです。

二つ目は
あした考える』さんです。
とにかく、大笑いの連続で、結構の長文なんですが、
全く飽きることなく読めるんですよ。
かなりの毒舌ですが(ごめんなさーい)、いやらしい感じもなく大好きです。


さて、今日も張り切って読みました。
1冊が1000wordsくらいで、しかもマンガ形式なので読みやすいです。

King Arthur (Oxford Bookworms Starter)
J. (RTL) Hardy-gould
Oxford Univ Pr (Sd) (2007-12-06)
語数:1,140語 / YL:0.8 / オススメ度:(3.0)

西暦650年のイギリス。魔術師マーリンが次の王になるべく男を
探し出すために乗り出すとアーサーという一人の少年に出会う。
アーサー王物語の始まりです。
1000語ほどの簡単な単語で、しかもマンガ形式なので
大まかなことしかわかりませんでしたが、また機会があれば
ちゃんとしたものを読んでみたいです。
(マーリンとかモーガンとかMagic Tree Houseで登場した魔術師が
出てきましたが、すごく怖い感じでした。)


Dead Man's Money: Starter: 250-word Vocabulary (Oxford Bookworms Library, Starter)
John Escott
Oxford Univ Pr (Sd) (2011-10-09)
語数:1,260語 / YL:0.8 / オススメ度:(4.0)

中はこんな感じです。
マンガ形式

こちらは、銀行強盗した3人組の行く末の話です。
それぞれ盗んだお金を分けて、Eddieは湖のほとりのコテージを借りる。
ところが、そこの女宿主がメッチャ腹黒い女で、
(こちらもマンガ形式なので、表情を見るだけで震えますよ)
「若いくせに、一番高いコテージを貸し切るなんて怪しい!」
と、やたら探りをいれてきます。
そんな中、Eddieは車のスリップ事故を起こし帰らぬ人に・・・・

そのあとは読んでからのお楽しみです。

やっぱ、GR(Grated Reader)は、英語を母語としない人のための読み物として
作られているから、文法や単語レベルもきちんと決めて書かれてるので、
安心して読めますね。

積読booksを減らすぞ~~

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

 

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます!
美月さん♪こんばんは~!!
私のしょぼいブログをとりあげて
くださって、ありがとうございます!!
めちゃくちゃ嬉しかったです♪
地味に更新してて良かった!

ほんと、ブログってなかなか続かないですよねー。
ここ数日は映画ばかりみて、ブログを
さぼっています。

洋書を読まれてるんですか?
すごいな~。。
私も頑張らなきゃ!!
では、また遊びにきまーす^^
2015/04/26(日) 20:45:08 | URL | わか #-[ 編集]
Re: ありがとうございます!
わかさん!コメントありがとうございます。
わかさんのブログを見て何冊か本を買いました。
これからもドンドン読んで感想をお聞かせください。
楽しみにしてまーす。
2015/04/28(火) 01:36:12 | URL | 美月 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック