• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


御無沙汰してたら、いつの間にか表紙が・・・・
2015年05月07日 (木) | 編集 |
相変わらず、肩が痛い美月でございます。

最近、何をするにもだるくて・・だるくて・・・・
ボーっとしてしまう。
一日10分くらい歩かなきゃ!
とも思うんだけど・・・・できない。



GWも終わって、今日から1.2年生もおしり叩かなくちゃ
来週は中間テスト1週間前!
いそがしぃぞー

あ!岡大に半年ぶりの検診にも行かなくちゃ。

空洞・・・・広がってなきゃいいけどなぁ・・・・


久々に読みました『A to Z Mysteries』シリーズ

A to Z Mysteries: The Haunted Hotel (A Stepping Stone Book(TM))
Ron Roy
Random House Books for Young Readers (1999-06-15)
語数:8,287語 / YL:3.5 / オススメ度:(3.0)

私が持っているのとは表紙が変わったみたいです。
シリーズで買い足していたので、途中で変わると
ちょっぴり残念だなぁ。
これが、以前の表紙です。

A to Z[H]

内容は・・・
このシリーズは毎巻タイトルの文字の最初のスペルがアルファベットの
順になっているのが特徴で、今回私が読んだのは「H」
『Haunted Hotel』です。
シリーズ第1巻が『Absent Author』で、
その時の舞台になった Shangri-la Hotelが登場します。
このホテルに毎晩、幽霊が出る!とお客さんは怖がってしまい、
ついには存続の危機になってしまいます。
そこで、「A」のときに事件を解決した、このDink, Josh, Ruth Rose の三人が
オーナーに呼ばれ、その謎解きに取り掛かります。
今回のstoryはそれほど込っておらず、あさっりと解決したような気がします。
事件解決のご褒美がよかったです。(最後のオチも・・・・

AからZまでありますが、また半分もいってないですね。
まあ、気長に読んでいきまーす。

・・・・・って、また表紙変わったらどうすんのよ!!!

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。