FC2ブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
洋書も同時に読め!
2015年08月24日 (月) | 編集 |
Cambridge のGRはすべてがオリジナルストーリ―になっている。

スリラー、推理、ロマンス、コメディ、SF,ミステリー、人間ドラマなど
多彩なジャンル、世界を舞台にし魅力的なストーリー、初球から上級
まで幅広いレベルに対応する全7レベル。

というのが、『売り』だそうだ。

確かに、中高生に人気のあるものも多く、英語を母語としない人向けに
書かれているだけあり、内容もハマりやすく練られている。

また、今回読んだこちらの1冊は、
『スパイMunro』シリーズとして展開している。
私が読んだのは新作(と言っても2013年発刊ですが)はLevel.1で、
このシリーズはほかに
Starter 『The Penang File』
Level.2 『The New Zealand File』
Level.3 『The Lahti File』
と、レベルを変えて書かれているので、主人公が共通する中で
難易があるものが読めるって、いろんな面で楽しめると思います。

これ以外でも、
『警部Logan』シリーズ
『探偵Marley』シリーズ
『女刑事Flick』シリーズ
『ジャーナリストKate』シリーズ
『Dr.Maxine』シリーズ
があります。

ぜーんぶ、読みたくなりますよ。

The Caribbean File Beginner/Elementary (Cambridge English Readers)
Cambridge University Press (2013-08-29)
語数:4,188語 / YL:1.4(1.4-1.4) / オススメ度:(3.0)


『二人の悪名高いテロリストとその美しい共犯者を追跡すべく
 カリブ海諸島へやってきたMunro。世界を支配する彼らの
 計画を見事阻止することができるか』(Cambridge Readersのカタログより)


二人のテロリストを追うように命じられた捜査官のMunro
そして、行った先がカリブ海のホテル
二人を見張っているとき、一人の美しい女性Salgadoと出会う。
ところが、彼女が次の朝突然Munroの元を離れ、その二人のテロリストと
一緒に空港に向かった。
追いかけるとそこには謎の少年も?彼の正体は?

2013年という新しい出版で、犯罪の内容も時代に合わせたものになっていますね。
細かい描写がすべてわかったのかな?と自分に問うてしまうほど
ドラマを見ているような早い展開で、Level.1のレベルだから自分もこのような
英文が書けるかな?書けたらいいなぁ~と・・・・いろんな意味で勉強になるGRです。


最近、洋書多読も進んでないなぁ・・・・
まさに、
『洋書も同時に読め!』ですね。

多読王国の順位が下がる一方ですよ。

もちろん!積読本を減らすまでは、買いませんよ!!!(いちお、心に誓ってます)

よろしければ、こちらに
お願いしま~す。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック