• 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


百マス計算、懐かしいなぁ。
2016年10月16日 (日) | 編集 |
塾の小学生たちへの参考になればと思って、購入してみた。

陰山式 ぜったい成績が上がる学習法
陰山英男
毎日新聞出版 (2016-07-30)
売り上げランキング: 35,329


Twitterで直接、陰山先生をフォローしているわけではないが、
その関連の方をフォローしているせいか、やたらと私のTwitterに
登場する。
だから、ついつい陰山先生のTwitter を読む羽目になるのだが、
ついつい、読みふけってしまう。
そんな中での、この本は「読んでみたい」と思う内容であり、
実際、一気読みしてしまうほど気に入ったのだ。

百マス計算は、かづちゃんが小さい頃よくやったなぁ。

しかし、はっきり言って、先生の作ったテキストが全面的にアピールされており、
ちょっと・・・・どうなん・・・・・って感じも無くはないが、
漢字はその学年で一年かけて習う全てを 4月に一気に覚えさせる!
というのが、とても気にいったので、ちょっとやってみようかな~なんて・・・
 
高校生を教えていて、『読解力』でしょ?
っていうくらい、お話にならんのもいて、つくづくイヤになることがある。
小さいうちから、しっかり読書して、言葉を正しく使う!ってことを
やってもらいたいですね。


先日、新しく年長さんが1人、おためし体験に来て、
そのまま「これからもよろしくお願いします」と言って帰られた。
今来てる年長さんの男の子は、活発で、ひらがなも一生懸命練習してるし、
算数(というか、まだ『かず』かな)が大好き。
ところが、今回の子は、ひらがなは何とか読めるけど書けない。
『かず』も 「4は3より□つおおきい」の□に入る「かず」がわからない。

私のような、いわゆる幼児教育には「しろうと」の人間がいいのだろうか。
お母様方は、ほんとに信頼してくださって、そこはすごくありがたい!と思ってます。
でも・・・・私でいいの?
っていう申し訳ない気持ちもすごくある。

とにかく、私も勉強だ!

がんばるぞ!!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。