• 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『古典力』を武器にしたいアラフィ女子でございます。
2017年03月13日 (月) | 編集 |
『古典』的作品、大好き

光文社の「古典新訳新書」は大好きで、twitterでもフォロワーになってます

な~んてエラッそうに言ってますが、読みかけのものが多く、それほど語れる身分でもありません。

古典力 (岩波新書)
古典力 (岩波新書)
posted with amazlet at 17.03.13
齋藤 孝
岩波書店
売り上げランキング: 226,811

こちらの斎藤先生の『古典力』
どうして古典は大切なのか。
をこの本を読んでいて、『古典』が好きでよかった~と嬉しくなるのです。
(わたしが好きな『古典』とは名著を読む!という方であって、
 決して、古典文法など勉強的なことではありませんので)
「古典を読むのには、コツがある。」と書かれており、
「古典の素養がある」というのは「教養がある」ための必須条件でもある・・・と
また、
必ずしもすごく詳しくなくてもいい。「ある程度知っている」ことが、古典力としては大切なのだ。」と

ありがたい本です。
『カラマーゾフの兄弟』も挫折しておりますが、

「これぞ最高峰の総合小説。これをよまずして文学を、いや人間を語るなかれ。」

と、第三章マイ古典にしたい名著五十選 の筆頭に紹介しておられる作品です。
この50作品は「知らないと恥ずかしいと思われる」本を選んだ。
とも書かれており、著者と作品名は知っていても・・・・
内容を簡潔に説明せよ!!
と言われると、口が貝になってしまう・・・ハズッ
読みたいなぁと思った本の紹介ページに付せんを貼っていくと
ほとんど全部になってしまった。
とりあえず、目の前の積読本の山の中から、

「ほらほら、そうでしょ?早く『私』を読んでちょうだい!」
と訴えるような目・・・いや、背表紙をチラつかせている

嵐が丘〈上〉 (光文社古典新訳文庫)
E・ブロンテ
光文社
売り上げランキング: 176,556

から、読みたいと思います。
(カラマーゾフくんもかなりの眼力で私をにらんでますが・・・・)

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
書評投稿サイト「本が好き!」のご案内
突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

本が好き!:http://www.honzuki.jp/

こちらのサイトでは、選ばれたレビューアの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

1.会員登録 
 こちらのフォームよりご登録ください。
 http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
2.書評投稿
 書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
3.ご報告
 貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
 http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
2017/03/24(金) 22:28:39 | URL | 本が好き!運営担当 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。